ブログパーツ

  • 熊本の時刻と天気(^^;)v
  • 今日以降の天気
フォト

はやぶさ球磨川遡上

  • 6
    2009年3月1日寝台特急はやぶさ終焉記念に球磨川を遡上しました。絶好の天候に恵まれで、十分に別れを惜しむことが出来ました。

春の煙

  • 100314_2
     肥薩線の春の煙です。SL人吉号が菜の花煙る球磨川を登っていきました。2010年3月14日

Brussels in the night

  • Brussels8
     2007年11月ブリュッセルを訪問したときの思い出です。 Memories of Brussels in the night on Nove2007

OPAL Images in BLOG

  • Photo_1
    These images have captured by HAMADA, F., *Palindrome on his weekend holidays.  これらの写真は★パリンドロームにより趣味として撮影されたものです。
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« Topページ 「園芸日記」を始めました!!! | トップページ

2018/06/17

熊本地震-収束が見えなくなりました(涙)

 気象庁が発表する毎日の震源・震度情報から、熊本県地方の余震放出エネルギーの日計傾向分析を毎日解析して図示し、一喜一憂しています(笑)

 下記は一昨年の前震・本震前後の図です。

M2
 下記の図は、その後の傾向分析です。

M
 昨年の10月から、目を細めると一定の減少傾向が認められて、今年の5月には本震以前の状態に戻ると期待していました。

 ところが、見事に期待を裏切られて、4/28日のM3.9以来、昨年10月のレベルに戻ってしまいました。少なくとも向こう一年は、余震は収まりそうもありません。

 地震エネルギーの放出傾向は弱まっていないのです。

 ただひとつだけ感じるのは、震源域が南下していることです。
 下記は昨年10-11月のM2以上の震源域

171011

 下記は、今年05-06の震源域。宇土半島以北が減少して、県南が増えています。

180506
 活断層で言えば、県中央で熊本地震の震源域だった、布田川断層帯から県南の日奈久断層帯に移りつつあるように感じます。

 地元新聞でも、エネルギーが解消されていない日奈久断層帯は要注意と最近報道されました。

 いずれにしろ、まだまだ枕を高くしては眠れないようです。

 

« Topページ 「園芸日記」を始めました!!! | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133267/66840302

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本地震-収束が見えなくなりました(涙):

« Topページ 「園芸日記」を始めました!!! | トップページ