フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 熊本の時刻と天気(^^;)v
  • 今日以降の天気

Brussels in the night

  • Brussels8
     2007年11月ブリュッセルを訪問したときの思い出です。 Memories of Brussels in the night on Nove2007

はやぶさ球磨川遡上

  • 6
    2009年3月1日寝台特急はやぶさ終焉記念に球磨川を遡上しました。絶好の天候に恵まれで、十分に別れを惜しむことが出来ました。

春の煙

  • 100314_2
     肥薩線の春の煙です。SL人吉号が菜の花煙る球磨川を登っていきました。2010年3月14日

OPAL Images in BLOG

  • Photo_1
    These images have captured by HAMADA, F., *Palindrome on his weekend holidays.  これらの写真は★パリンドロームにより趣味として撮影されたものです。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016/10/30

直近の世界の大地震リスト

アメリカ地質調査所の直近の大地震リスト、、東南アジア以外は、イタリアと日本だけ、、、

イタリアは、また、激しい、、100km圏内でM6級が続発、、これは堪りません。

Significant Earthquakes, Past 30 Days

  1. 6.66km N of Norcia, Italy
    2016-10-30 06:40:19 UTC10.0 km
  2. 6.13km W of Visso, Italy
    2016-10-26 19:18:08 UTC10.0 km
  3. 5.58km ESE of Sellano, Italy
    2016-10-26 17:10:37 UTC10.0 km
  4. 6.28km S of Kurayoshi, Japan
    2016-10-21 05:07:23 UTC10.0 km
  5. 6.6159km NNE of Pamanukan, Indonesia
    2016-10-19 00:26:01 UTC614.0 km
  6. 6.978km WNW of Kandrian, Papua New Guinea
    2016-10-17 06:14:58 UTC

今日も秋刀魚

161030_183732_35_4_40_3200_d75_5524

 ★パリンドロームは小学生の頃極貧母子家庭で、毎夕、薪のカマドでご飯を炊き、七輪の炭火でおかずを作っていました。なので、炭火の扱いはプロ級、炭火焼の香りを体で知っています。

 今日は、炭の散らし方を工夫して、一段と滑らかな焼き上がりに(笑)

161030_184507_48_5_100_100_d75_5527

 登り窯で焼かれたという、萩で買ったお皿に乗せて、、赤ワインでいただきました。

2016/10/29

鳥取県中部地震の大胆予測  今月末に事実上終息

Photo

 図1 昨日までの重みづけ傾向分析です。

Photo_2

図2 図1の対数回帰分析です。

頻度データは、
http://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/2016_10_21_tottori/yuukan.pdf

http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/

以上のことから、

予測1:月末までに事実上終息

予測2:熊本地震の経験から、震度4以上は、統計的な挙動をしないことから予測は不可能。

 熊本地震は、随分と減少傾向が認められますが、鳥取中部の今月末の状態になるまでには、来年の4月まではかかると予測しています。

2016/10/27

秋の気配

161027_081301_120_5_400_100_d75_551

 殆どは腐って落ちたのですが、2,3個は無事色づきました。我が家の庭にて、今朝。

2016/10/23

インパクトは鳥取中部へ?

161023

図1
161023_2

 図2

 図1に示すように、10月8日の阿蘇山噴火の後の満月以来。この一週間の内熊本地方の余震は一回と激減しています。久しぶりに阿蘇で2回あった以外は。

 少ないなぁ、二日の無感の次の10月15日のように揺り戻しがあるかな、と心配していましたが、10月21日、鳥取中部で。

 熊本地震とよく似ているのは、(隠れ)断層に沿った直下型・余震が続く、ところですが、既知の断層ではない・地震発生翌日は減少傾向(図2、今日は朝8時時点)、というところは異なります。

 おそらく、近々の本震はないでしょう。

 インパクトが熊本から鳥取に移動したと思うので、熊本は鎮静化が進むと期待しています。ただ、あと半年、来年の一周年までは予断を許さないと思います(震度4以上は確率論的には予測できない)。

 今後は、関西・関東が要注意です。

 今回の鳥取では、本震2時間前に震度4が同じ震源域で起きています。

 直下型の震度4程度の場合は、直後の本震に警戒すべきです。

 不気味なのは、熊本の場合と同じく、日向灘で、震度4規模の地震が、直後に起きていることでしょうか・・ 直下型は、プレート境界型の予兆である可能性は容易に想像できる・・・

2016/10/20

想い出のキャンパス、50年ぶり

161010_123706_24_13_640_200_dsc_538

 こないだの連休10月10日、想い出のキャンパスを訪問しました。

 50年前、4階の窓際の机に座って、同じ蒼い空を眺めていました。

 「今が一番幸せなんだろうな・・・」

 そう、希望と不安と、しかし、将来を夢見て、、今にして思えば、至福の瞬間でした。

 アポロ11号が月面着陸していた頃です。

2016/10/15

歌手としては初めてのノーベル文学賞を受賞したボブ・ディラン

 やっぱし、ひとこと書きたいですね。

代表作「風に吹かれて」がPPMで流行ったのは★パリンドローム20歳の時、1956年、、学生だった★パリンドロームは、呑み方で、ギターとハーモニカを演奏しながら唄ったものです。

 ディラン自身は、地味でしわがれ声で、歌唱に魅力はなかった。

 PPMの卓越した歌唱力で有名になったのですよね、、

 なので、ディランは歌手としてより、詩人として評価するのが妥当であり、その意味でノーベル文学賞は、極めて妥当だと思います。

 今から50年前、遠い遠い想い出です、、偶然ですが、10日の日曜日、宴会があった学校を訪れたのですよね・・・

2016/10/13

今夜は秋刀魚の炭火焼

161013_185229_55_40_60_200_dsc_5513

 ベランダで焼きました。孫が団扇を扇いでくれました。

 網目が付いた炭の香りがたっぷり染み込んだ旬のさんま、、

 最高のぜいたく。ほっぺたが落ちるように旨かった。

 ホイルの中身は、孫がおととい掘り当てて学校から担いで帰ってくれた
サツマイモ、、バターで焼いて、、これも涙が出るほど旨かった・・・

 ビールをついお代わりしてしまいました。

2016/10/11

JR西日本500系エヴァングリオン編成

Typeeva161009_160802_120_6_3_1000_2

Typeeva161009_160806_120_7_1_1000_2

 一昨日、博多駅での撮影。

 なかなかに、興味深い編成です。

2016/10/08

阿蘇中岳噴火---震災後半年、地震終息の始まりか

Photo

 今朝未明噴火しました。熊本地震との関連が気になるところですが、私は、一連の余震の収束の花火だと、希望的に考えています。

 図は、下が、余震回数の日計ですが、体感に近づけるために最大震度に係数を掛けています。震度2なら2を震度3なら3を・・・

 9月の満月以降相が変わったように減少しています。

 そのようなタイミングで阿蘇が噴火しました。ちょうど便秘がなおったような状況だと思います。

 上の図は、今回の噴火と同時に生じた震源付近の傾向分析です。こちらも、長期終息傾向です。結構、阿蘇山を中心とした地震も起きていたのですね。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31