フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 熊本の時刻と天気(^^;)v
  • 今日以降の天気

Brussels in the night

  • Brussels8
     2007年11月ブリュッセルを訪問したときの思い出です。 Memories of Brussels in the night on Nove2007

はやぶさ球磨川遡上

  • 6
    2009年3月1日寝台特急はやぶさ終焉記念に球磨川を遡上しました。絶好の天候に恵まれで、十分に別れを惜しむことが出来ました。

春の煙

  • 100314_2
     肥薩線の春の煙です。SL人吉号が菜の花煙る球磨川を登っていきました。2010年3月14日

OPAL Images in BLOG

  • Photo_1
    These images have captured by HAMADA, F., *Palindrome on his weekend holidays.  これらの写真は★パリンドロームにより趣味として撮影されたものです。

« 温かい雨 | トップページ | 椿 岩根絞り »

2016/02/21

熊延鉄道開業100周年記念写真展

 

熊延鉄道は、★パリンドロームが生まれてから小2の夏まで過ごした御船町をと南熊本および山間部砥用とを結ぶ軽便鉄道で、昭和39年に廃止されました。毎日通った小学校の運動場の端から呆然と眺めた御船駅・通学時通った線路沿いの路・大阪へ転居する時に乗った最寄り駅辺田見駅などとともに、その記憶は強烈に★パリンドロームの脳裏に焼き付いています。
 「熊延鉄道開業100周年記念写真展」が今日までというので行ってきました。

160221_112505_24_80_250_100_d75_399

160221_112417_27_6_3_160_100_d75_39

 御船を訪問する時はまずお参りする若宮神社、★パリンドロームが三つの時に紐解きをした階段が今も残っています。楼門前の階段です。今は亡き親父に抱きかかえられて。

160221_112947_24_10_400_100_d75_401

 楼門が改築されて、立派な鳥居が建立されていました。

160221_112742_38_10_400_100_d75_400

その鳥居の前から御船川の眺め、、強烈に懐かしい風景です。

160221_113730_32_90_320_100_d75_402

右の路地が辺田見駅跡、、左が妙見坂橋梁へ通じる廃線後です。

160221_114144_24_10_400_100_d75_405

 旧眼鏡橋袂、、★パリンドローム生家から100m地点、今日は良い天気で飯田山が間近に

160221_114407_24_10_400_100_d75_405

★パリンドロームの生家跡が見えています。ここは御船町一丁目一番地で、当時もっとも賑わった地点です。

160221_114806_24_90_320_100_d75_405

造り酒屋の名残。

160221_114834_24_90_250_100_d75_405

地場銀行の支店跡。当時は街一番の立派な建築物でした。同じ雰囲気の石造りの柵がありました。その前で犬に咬まれたのですよね、、、 遠い記憶。

160221_115219_24_40_30_100_d75_4056

後ろは緑川橋梁、、、南熊本駅に降り立つ女子高生には浜カモメさんらしき美少女が(o^-^o)、昭和30年代後半、、辺田見駅や妙見坂トンネルも、、、本当に懐かしかったです。行って良かった。

« 温かい雨 | トップページ | 椿 岩根絞り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>書き忘れましたが男の子はいなかったような、
 ★パリンドロームは、御船では、ともちやんとせいいちろうくんしか、覚えている名前はないのですよね。浜カモメさんて、きっと箱入り娘で、、大事にされていたのでしょうね。

 今同居している孫が今年小学一年生。あの頃の★パリンドロームや浜カモメさんと同じ年頃。あどけない表情ですが、、時々びっくりするような大人びた表情も。

 侮れないですよね。年長児から小学低学年の記憶。物心つく頃の人生は大切にしないといけないと、、改めて肝に銘じています。

>松下床屋の横の細い路地(お地蔵さんがある)
お~~! 覚えてますよ。世界共通の床屋の電飾を呆然と眺めていたし、」ガラス張りのウインドーが印象的でした。

>下ると川がありその途中に私の家はありました。
 え~~ 薬局の裏の隣の家ですね。隔てる塀に記憶はありますが、住人には全く記憶ありません。なんで?

 西田書店の三差路から黒い板塀に沿って川に降り、川端から左に折れると薬局の裏、、茅葺の廃屋があって、、その前を右に行くとサミット、、左手が浜カモメさんの家、、そのまま行くと、左に上がって家の庭を抜けると本町通りに出て、、右に行くとミカン山、、さらに行くと右が川端、左に登ると本町通り、途中にお金持ちの家があって、、牛皮のランドセルに大型電蓄、、、このコースは、★パリンドロームの日常テリトリでした。今は跡かたもない。

 でも、山側の裏道はほとんどそのまま残っていて、、御船に行くたびに歩いています。でも、生家の裏手あたりに見慣れない新興宗教が・・・

>吉永薬局の裏と割に近いほう。だからパリンドロームさんの家族のことよく知っているんですよ。どんどん川でも泳いでました。でもここにいたのは小学1年生まででしたが。

 なんでかなぁ、、まったく遭遇しなかったですね。でも、60年ぶりの遭遇、、これも、大変な因縁ですね。★パリンドロームは金槌で(^^;) 水が怖かったです。
 S28年の洪水は、その細い道越しに震えながら眺めていました。それを機会に移られたのでしょうね。

 川側の裏道は、、しょっちゅう夢に見ました。今でもありありと瞼に浮かびます。

書き忘れましたが男の子はいなかったような、女の子は中熊八百屋の子や住岡○○子ちゃんほかにも何人かいました。アッ思い出しました、男の子では渡辺ひ○し君ていましたよ。

松下床屋の横の細い路地(お地蔵さんがある)を下ると川がありその途中に私の家はありました。吉永薬局の裏と割に近いほう。だからパリンドロームさんの家族のことよく知っているんですよ。どんどん川でも泳いでました。でもここにいたのは小学1年生まででしたが。

 浜カモメさん、こんばんは。
>川端の家
 へぇ、、どこらへん? ★パリンドロームの生家に近かった? でも、近くに同い年の子はいなかったなぁ
>中島菓子屋
 川端に降りる角ですね。よくカバのワゴン車が止まってました。地下部分は釣り具の倉庫で、、よく夢に出ました。
>西田書店
 真っ赤なポストのお店ですよね。専売の塩が売ってあって。「小学一年生」とか買ってもらえた時は嬉しくて嬉しくて、、、

>熊延鉄道の南熊本駅、ここは昔のまんまですね
 豊肥本線の南熊本駅として発展しています。といっても風情は昔のままですが。廃止された市電も復活計画があります。一応。
 こないだの写真展で南熊本駅のホームにディーゼルカーから降り立つ女子高生の写真があったのですよ。浜カモメさんの少女時代のように見えました(^^;)

 今は昔、50年以上前の遠い遠い記憶です。


懐かしいですね、私は年に数回帰郷しますので私が小1まで住んでいた川端の家(水害でしょっちゅう被害を受けていた)のあたりが変わりすぎて、もう思い出の中にしか存在しません。
造り酒屋の」なまこかべは文化財として街が指定しているのかもしれませんね。あの道を通ってあのなまこ壁を触りながら小学校に通っていました。肥後銀行の御船支店も残してあってよかったです。写真の後ろから4枚目は中島菓子やがあり西田書店もありましたがその敷地に数件の家が建っておりました。もっと計画的に住宅地を開発分譲すればいいのにと思いますが、都会に住んでいるものの理想論かもしれません。
熊延鉄道の南熊本駅、ここは昔のまんまですね。あまり乗降はないんではないでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133267/63244643

この記事へのトラックバック一覧です: 熊延鉄道開業100周年記念写真展:

« 温かい雨 | トップページ | 椿 岩根絞り »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31