フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 熊本の時刻と天気(^^;)v
  • 今日以降の天気

Brussels in the night

  • Brussels8
     2007年11月ブリュッセルを訪問したときの思い出です。 Memories of Brussels in the night on Nove2007

はやぶさ球磨川遡上

  • 6
    2009年3月1日寝台特急はやぶさ終焉記念に球磨川を遡上しました。絶好の天候に恵まれで、十分に別れを惜しむことが出来ました。

春の煙

  • 100314_2
     肥薩線の春の煙です。SL人吉号が菜の花煙る球磨川を登っていきました。2010年3月14日

OPAL Images in BLOG

  • Photo_1
    These images have captured by HAMADA, F., *Palindrome on his weekend holidays.  これらの写真は★パリンドロームにより趣味として撮影されたものです。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014/11/30

シャコバサボテン

 自宅の庭や鉢植えに開いた季節の花々を気に入ったカメラ・レンズで、面倒くさく撮るのが楽しいのです(o^ ^o)

141201_2141_dsc_0105

Dsc_0054_141130_0943_400_86_25_13

 室内で、D750+TamronSP90+中間リングPK-3(+PN-11)、FX、露出はマニュアルになりますが、自動絞りは機能するので、ピント合わせは楽です。念のためにLvでも確認しました。
 こういうマクロ撮影は、面倒くさくて手間がかかって、もう大変楽しいです。
 シャコバが開くと、冬の到来を感じます。

2014/11/29

MFレンズを使いたくて

D750買いました。

Dsc_0022_141126_1914_100_50_56_60

 ニッコール50mmF1.2。カタログに載っている現役レンズとしては最も明るいF1.2です。F=5.6での画質が好きで、、この写真を撮りたくてD750購入に踏み切ったようなものです。DXフォーマット。

Dsc_0041_141128_0747_100_35_56_100

 手持ちのもう一本のニッコールMFレンズ35mmF1.4です。50mmより近づけます。FXフォーマット。

Dsc_0044_141129_1502_100_86_56_320

 タムロンのSP90マクロF2.5 アダプトールという特殊な交換マウントを介してFマウントに取り付けられます。 いずれも我が家の庭にて。

 11月24日の夕方届きました。★パリンドロームが高校生時代発売されたニコンFに憧れて50有余年、やっとニコンのカメラが手に入りました。AF性能の点で永くキヤノンを使っていましたが、今後は、望遠系EOS標準・広角系ニコンです。フルサイズながら手持ちのEOS7Dと同じか小振り気味なのが気に入っています。
 実は、ニコンのMFレンズを手持ちがあって、EOSにアダプタ経由で楽しんでいました。でも、色々制限があって、、、D750は、MFレンズでも最大限便利に撮れるようになっています。MFレンズを捨て去ったキヤノンには見られない特色です。

 

2014/11/24

「Kingdom of Heaven」

 今日は、弦を張り替えながら(やっぱしハイテンションは、音量は出るけれど、クラシックをつま弾くには堅すぎるということでスーパーローに(o^ ^o)見終わりました。

 

十字軍物語ですね。エルサレムを支配していた王国のヒーロー・ヒロインがイスラム王国にエルサレムを明け渡すまでの話です。西欧の時代劇で、、攻城シーンが圧巻です。

 印象に残った台詞は、イスラム軍の指揮官が部下を鼓舞する「異教徒を殺しても殺人でも罪でもない!!!」です。昨日の新聞記事記事

[毎日新聞 - ニュース速報(総合)] ケニア:バス襲撃、イスラム教徒でない28人射殺 [ニュース] (2014-11-23 20:38)

を見ると、この戦いが1000年続いていることがよく分かります。イスラム過激派にとっては、異教徒であるキリスト教徒のクビをチョン切ったりするのは、罪でもなんでもないのです。アラーの思し召しであり天国へ誘われる崇高な行為なのです。

 まさに、「現代に続く争いのネバーエンディングストーリーの序章である」とよくよく理解できた映画でした。

 あのイスラム国は、エルサレムを奪還するまで、、、頑張るつもりでしょう、、、、

2014/11/23

「華氏451」「鳥」

 NHK-BSで放映される映画を録画して楽しんでいます。

「華氏451」をやっと観終わりました。焚書がテーマなのですが、何か特別なジャンルの本を燃やすのではなく、本そのものを敵視するというもので、焼却を担当する消防士がヒーロー。

本題に関係なく、鉄ヲタな★パリンドロームとしては、懸垂型のモノレールが活躍するのに興味を惹かれました、日本でも千葉都市モノレールがこの形式ですが、なんと、床がそのまま階段として地上へ降りて、それをつたって草っぱらに降り立つという設定に驚きました。雨風とか車いすなんてどうするんだろ、、、

1966年制作なのに、液晶TVそのまんまの壁掛けテレビには感心しました。

主人公の奥さんが好みの美人、、、ヒロインの彼女も、良く見るようなタイプで身近に感じました。

通勤電車でも本や新聞などの印刷物を広げる人をめったに見ない今日この頃、、、なんとなく親近感を感じる作品でした。

ヒッチコックの「鳥」、華氏451とともに、劇場公開時代には貧乏で楽しむ機会のなかった作品です。「鳥が理由も無く襲いかかる恐怖だけを純粋に描いた作品」とのことですが、最後まで種明かし(つまり何故襲われるのか)がないまま終わるのが???? でも、最後の遠景は印象的でした。ほとんどモノクロで、、、それにしてもヒロインが美人。好みです。

2014/11/22

きょうの熊本空港

141122_170914_100_420_56_320_img_06

 日没が早まって着陸便がやっと間に合いました。浜かもめさん、いつもありがとうございます。

一週間前の熊本空港 ソラシドエアー離陸便

141115_1709_img_0499

 滑走路に向かって進入。典型的な勝負所です。コッチから離陸の時だけ許される構図。ロクヨンなしでも勝負できる構図です。ところが、、、!!!141115_1711_img_0514

 このままピlリとも動かず、、、、、夕陽が沈みきってから離陸するという、、、、

091123_1711_img_2364

 これは09年の構図、、これが撮れるはずだったのですが、、、、 なにかあったのでしょうね。仕方ないです。

2014/11/17

ランディング

141115_1706_img_0449

 アプローチ後着陸の瞬間です。

2014/11/15

今日の阿蘇熊本空港

141115_1705_img_0436
 今年も季節となりました。無事この光景にまみえることができた幸せを感謝します。

2014/11/09

南阿蘇俯瞰

141025_105603_100_50_80_320_img_029

 先週、阿蘇をドライブしたとき、最初に撮影したところ、俵山からの阿蘇連山です。右手からグルッと外輪山が中央噴火口を取り囲んでいます。12万年前の最後の巨大噴火の後は、ここは湖だったそうですが、巨人が外輪山を蹴破って今は阿蘇市となって人が一杯住んでいます。左手がその切れ目にそそり立つ俵山です。展望所の前あたりから撮影しました。

141025_1054_img_0291

   立ち上る噴煙をズームアップしてみました。

141025_1056_img_0311

 その展望所です。

2014/11/08

我が家のサザンカ

141108_1114_img_0377
 家内が「咲いたよ!」というので撮影しました。今さっきです。

2014/11/03

我が家の秋

141103_115207_80_52_28_100_img_00_2

 晴れの特異日らしく今日文化の日は快晴、、でも、北風が強い。色づき始めた柿の実と落ち葉を。

141103_143007_160_15_45_80_img_0017

ガレージブドウ棚も秋模様。収穫の感謝を込めてパチリ。

141103_143347_160_78_28_200_img_001

 ブーゲンビリアも色づいてきました。

141103_143700_80_26_57_250_img_0023

派手な色が溢れています。

141103_154726_80_77_28_40_img_0025

 最後に弦を交換しました。今回はハナバッハのハイテンションにしました。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31