フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 熊本の時刻と天気(^^;)v
  • 今日以降の天気

Brussels in the night

  • Brussels8
     2007年11月ブリュッセルを訪問したときの思い出です。 Memories of Brussels in the night on Nove2007

はやぶさ球磨川遡上

  • 6
    2009年3月1日寝台特急はやぶさ終焉記念に球磨川を遡上しました。絶好の天候に恵まれで、十分に別れを惜しむことが出来ました。

春の煙

  • 100314_2
     肥薩線の春の煙です。SL人吉号が菜の花煙る球磨川を登っていきました。2010年3月14日

OPAL Images in BLOG

  • Photo_1
    These images have captured by HAMADA, F., *Palindrome on his weekend holidays.  これらの写真は★パリンドロームにより趣味として撮影されたものです。

« 映画三昧 ポンペイ-アナ雪-ノア | トップページ | 今朝のバラ »

2014/06/29

水戸岡鋭治からのプレゼント まちと人を幸福にするデザイン展

水戸岡鋭治からのプレゼントまちと人を幸福にするデザイン展に行ってきました。出世作787をデザインしたのは若干40歳前半だったのですね、、初めて知りました。★パリンドロームと同じく団塊の世代なので、まぁ、当然なのですが、、、

 それから、実家が家具製作所だったことも初めて知りました。どうりで、列車内装・設備のデザインが豊富なわけです。

 しかし、それまでの鉄道デザインといえば、外装だけ、しかも、デザインは先頭車両だけ、内装ははっきり言ってやっつけ仕事、そのいいわけは不燃材使用が義務づけられているので、当然こうなって仕方がない、、というもの。

 それを打ち破ったのですね、、787の時から、、一編成をトータルとして考えて、、ドアの取っ手や照明器具ひとつまでトータルにデザインする、、JR九州以外のどこも真似できていないポリシーです。唯一例外は、、お召し列車(o^ ^o)

 しかし、一番偉いのは、JR九州の社長、、30代から目をつけて、40代で、JR九州の運命を握る787を任せて、、それも旧国鉄一家以外、、、、最後は、、儲かる見込みのない七つ★にハンコを押して、、、なかなかできることではない。他のJRの社長もいまだに半信半疑ではないでしょうか、、

 それと感心するのは、そのデザインをあっさりと実現した車両製造会社の技術ですね、、そんなに時間もなかったはずなのに、、不燃性を克服して、、、一点物を克服して、、柿右衛門まで、、

 物まねは簡単。でも、今までなかった概念で既製概念を破り、、そして、成功し、その成功を維持するのは至難の業です。

 尊敬します。

« 映画三昧 ポンペイ-アナ雪-ノア | トップページ | 今朝のバラ »

RailPhoto_鉄道写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133267/59897610

この記事へのトラックバック一覧です: 水戸岡鋭治からのプレゼント まちと人を幸福にするデザイン展:

« 映画三昧 ポンペイ-アナ雪-ノア | トップページ | 今朝のバラ »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31