フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 熊本の時刻と天気(^^;)v
  • 今日以降の天気

Brussels in the night

  • Brussels8
     2007年11月ブリュッセルを訪問したときの思い出です。 Memories of Brussels in the night on Nove2007

はやぶさ球磨川遡上

  • 6
    2009年3月1日寝台特急はやぶさ終焉記念に球磨川を遡上しました。絶好の天候に恵まれで、十分に別れを惜しむことが出来ました。

春の煙

  • 100314_2
     肥薩線の春の煙です。SL人吉号が菜の花煙る球磨川を登っていきました。2010年3月14日

OPAL Images in BLOG

  • Photo_1
    These images have captured by HAMADA, F., *Palindrome on his weekend holidays.  これらの写真は★パリンドロームにより趣味として撮影されたものです。

« 世界初の試み | トップページ | 花の水盆 »

2014/03/24

今日の夕陽 地上には薩摩紅

140324 Photo
 随分陽が長くなって、保育園に迎えた孫と水やりしながら、庭の薩摩紅を撮影した後、夕陽撮影に間に合いました。

« 世界初の試み | トップページ | 花の水盆 »

Landscape_風景写真」カテゴリの記事

コメント

 浜かもめさん、こんばんは。熊本は温かい雨、桜満開、でも週末も雨、、

 そう、ボーエイ道路だったですね。あの頃ジエータイなんて言ってなかったし、、

 裁判所はなんといっても床下、、隠れ処でした。

 浜かもめさんのお陰で一杯思い出します。走馬灯のように(^^;) 

 昭和幼稚園通いました? 新橋のねきの、、風呂屋があったあたり、、、赤城せんせいという怖くて素敵な先生がおられました。
 http://railroadjapan.way-nifty.com/railroadjapan/2013/10/post-2098.html
 にみえる滑り台は新しくなりましたがそばの樹は当時の雰囲気が残っていてフクロウが棲みついていたのですよね、、この幼稚園の有様も昨日のことのように覚えています。運動会のこと、我が家にはなかった絵本やオモチャ、、その銭湯には山中湖からのお決まりの富士山が描かれていて、最近原画を鶴屋の展示会で観て、、懐かしかったです。この銭湯の様子もありありと覚えています。

 後年都会の学校で唱歌ふるさとを習った時、歌詞そのままに故郷の風景が思い出されて幸せでした。

旧裁判所の掲示板、懐かしいですね。いまも微かに残っています。あの掲示板の囲いの中でまるでで外国映画のバルコニーにいる気分で遊びましたよ、裁判所の中庭の真ん中に大きなツバキの木がありました。あのツバキはずっとありましたがこの頃はさすがに伐採されていました。あの建物は色々の新建材でつぎはぎにしないで歴史的建造物として遺してほしい建物です。旧肥後銀行も、菊の露のわずかに残るなまこ壁も遺してほしいですが地元の人は意外と無関心では。あっ、それから弾丸道路ではなく防衛道路といっていましたよ。土煙を上げてムカデみたいな車輪?でガンガン大矢野演習場へ走っていたのはなんか子供心に怖かったです。わずかに6歳か7歳までしかいなかった町の事を鮮明に覚えているパリンドロームさんは凄いですね。お母さんの記憶と重なるのでしょうね。

 浜かもめさん、こんばんは。団地の公園の桜並木は満開となりました。小さい頃の妙見の桜まつりがなつかしいですね。

 ぼくらが小学校に入ったころ、そう60年昔、新橋の先から若宮神社に向けて田圃の中を弾丸道路ができましたよね。もちろん舗装なしですが、、そこを自衛隊の戦車が土煙を挙げて爆走するのを一丁目から遠目に眺めていました。

 亡くなった母が★パリンドロームを連れて若宮神社まで散歩して、、夕陽を指差しながら「キレイかね」と言って絵を書かせました。遠い思い出ですが今もありありとあの時の、道の向こうの夕焼けと母の声音を思い出します。

 それ以来夕焼けが好きになったように思います。

 小学校への毎日の登校の道すがらも楽しい思い出です。
 新橋を渡って医院を横目に用水路を渡って、田圃の先に踏切があって、それを渡ったらすぐ左に曲がって、、城山の下をトボトボと、、腕木信号を目印に小学校の門へ
 帰りは、踏切の先の製材所に友達がいて、、寄り道しながら新橋を渡ったら、左に曲がると、左手に菊の露の醸造所が右手に九電の立派な支店と菊の露の酒蔵が、、その間の暗い辻道、、、
 母の股の下をくぐったり、親父の自転車の荷台に乗せられて6丁目の映画館に見に行ったり、、、楽しい想い出。
 何故かありありと覚えているのですよね、、、、

 妙見坂へ登る道の左手に町営住宅の長屋があって、、そこには漫画を読みつくしに行きました。

 裁判所の床下と掲示板の辺りは、日が暮れるまでの遊び場でした、、

葉っぱをみるとツバキの中間ですかね、母は五木の子守唄を入院中良く歌っていて死ぬ瞬間もこの歌で送りました。夕日の写真は以前でしたら「なんて美しい]というところですが、今の心境は美しすぎて悲しくなります。悲しくなるほど素晴らしいんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133267/59349143

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の夕陽 地上には薩摩紅:

« 世界初の試み | トップページ | 花の水盆 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31